小田急トラベルホーム > 国内旅行 > 新幹線・電車ツアー > 鉄道コラム鉄分120%!!

第2回:鉄道界の絶滅危惧種!!日本にたった1編成6両しか稼働していない583系

世界で初めての「昼夜兼行電車」の登場

『583系』
このフレーズを聞いただけで胸がわくわくしてしまう鉄道好きも多くいる事でしょう。
戦争が終わり、世の中が活気づいてきた昭和30年代は、国鉄の利用客も急激に増え、輸送力の強化が大きな問題となっていました。航空運賃はまだまだ高価で、新幹線も無い時代、移動手段として特急車両の整備が急務でしたが、車両不足や車両を保管しておく基地の拡充など、解決しなければならない問題点がありました。
そこで考えられたのが『1台で2度おいしい!!』昼間は座席車として特急や急行で運用、夜には寝台に様変わりし、寝台特急、寝台急行として運用できる「昼夜兼行スタイル」の車両でした。形式は客車だと機関車が必要でスピードが出にくい、電車だと床下のモーター音や振動が発生し寝台列車には向かないという問題がありました。そこでモーターの改良など技術的な点をクリアし、スピードアップ、首都圏・近畿圏での早朝到着の列車を電車化することでダイヤカット(列車の運転間隔の短縮)に寄与できるとして「電車」が選択されたのです。
昭和42年(1967年)、581系としてデビューし、東北の雪や寒さに対応した寒冷地仕様として登場したのが583系です。交流区間、直流区間どちらも走行可能な交直両用電車であり、電車が運行している日本各地に583系は行くことが出来ました。

「リバイバルはつかり」として復活した時の583系

▲「リバイバルはつかり」として復活した時の583系

当時の国鉄昼間特急では当たり前のように付いていた「食堂車」も新造され、大いに賑わいました。寝台車と同じ造りなので、天井が非常に高いのが特徴です。
 また、寝台車両としては今までのB寝台車(当時は二等寝台車)は車両の片側に通路があり、ベッドは枕木方向に設置されていましたが、583系(581系)では昼間に座席車両として使うため、中央に通路を配置し、左右にそれぞれボックス型でベッドを設置する形になっています。そのため、客車B寝台車は幅52センチしかなかったのが、下段ではなんと106センチ、中・上段でも70センチもあり、ゆったりした空間となりました。 下段は今の時代のシングルベッドと変わらず、一人で独占できるので当時は発売と同時に売り切れる列車もあったそうです。

寝台として使用中の583系

▲夜の顔、寝台として使用中の583系

座席車として使用中の583系

▲昼の顔、座席車として使用中の583系

大人気で活躍が拡大!!しかし長くは続かず縮小へ・・・・・

車両不足の解消、滞留時間短縮・基地が不要、電車によりスピードアップ、寝台幅が格段に広くなったといったメリットが好評を博し、583系は活躍の場を増やして増備が進みました。関西を夜出発し、朝九州に着き、そのまま昼間特急として九州内を走り、夜関西に寝台電車で向かう。こんな運行もできるようになりました。

「リバイバルひばり号」

▲「リバイバルひばり号」として復活しました(初期のヘッドマークは文字だけです)

その後、新幹線が開業し、だんだん西に延びていくと、主役は新幹線となり、特急としては座席が向かい合わせでリクライニングもできない、昼間特急から寝台特急になるのにセッティングが大変、ゆとりが求められている時代に高さが70センチ前後しかなく座ることが難しい、など時代と共に課題が増えていきました。

そんな中、昭和50年(1975年)に新幹線博多開業があり、山陽本線の昼間の特急列車が廃止となり、昼夜兼行スタイルから寝台専門・昼間はアルバイト(短中距離の特急列車)という運用になり、東北本線方面での活躍(「ゆうづる」「はくつる」「はつかり」「みちのく」「ひばり」など)が中心となりました。

「リバイバルひばり号」-2

▲「リバイバルひばり号」、後期のヘッドマークは絵柄がついています

「リバイバルひばり号」のヘッドマーク

▲「リバイバルひばり号」のヘッドマーク

定期列車としての終焉

上野~青森間の特急「はつかり」など、まだまだ長距離特急として活躍していた583系ですが、昭和57年(1982年)東北新幹線の開業により、大幅に活躍の場を縮小されました。臨時列車での活躍が中心となり、スキー場に向かう『シュプール号』『ゲレンデ号』として見たことがある人も多いのではないでしょうか

スキー場へ一直線!「ゲレンデ号」

▲スキー場へ一直線!「ゲレンデ号」

その後は乗降扉の増設や座席にロングシートの設置などをした419系・715系といった近郊型電車として生まれ変わった車両もあります。それによってせっかくの美顔が「食パン顔」に変わったり、貫通扉が塞がれたり、今のJRだったらこんな改造はしないでしょうね。

「食パン」のような顔をした419系

▲「食パン」のような顔をした419系

貫通扉を塞がれた419系

▲貫通扉を塞がれた419系

近郊型の割には出入り口が寝台車のままです

▲近郊型に改造した割には出入り口が寝台車のままです

晩年は「急行 きたぐに(大阪~新潟)」での運用などになり、三段式寝台から二段式寝台に改造されたA寝台車や自由席車が連結されていました。

JR西日本色に変わって運行中の583系「きたぐに」

▲JR西日本色に変わって運行中の583系急行「きたぐに」

「きたぐに」のB寝台中段。本当に高さが・・・・

▲「きたぐに」のB寝台中段です。三段式なので高さが無く、座れないんです・・・・

「きたぐに」のグリーン車。座席で使用すると天井が高い!

▲「きたぐに」のグリーン車。座席で使用すると天井が高い!

「きたぐに」のグリーン車は改造され、車端にはラウンジ形式のフリースペースもありました(イメージ)

▲「きたぐに」のグリーン車の中には、改造され車端にラウンジ形式のフリースペースがある車両もありました

そんな583系の最後の定期列車「急行きたぐに」も終焉が。平成24年(2012年)のダイヤ改正で定期列車としての運転を終了。さらに翌年の冬季臨時列車としての運転も終了しJR西日本に所属したの583系は全て廃車となってしまいました。そのうちの1両は4月29日に京都に新しくOPENした京都鉄道博物館に展示されています。

日本で最初の寝台電車581系「月光号」として展示されています

▲日本で最初の寝台電車581系「月光号」として展示されています

臨時列車・リバイバルトレインで最後のご奉公

現在、日本に稼働可能な583系はJR東日本秋田車両センター所属の1編成6両(N1N2編成)のみとなってしまいました。本当に絶滅危惧種ですね。

定期列車としての運転は無く、臨時団体貸切列車(甲子園応援号・JR主催リバイバル特急・千葉県大型テーマパーク向け列車)や臨時列車として運転されています。現存する583系の編成でもっとも新しい車両でも44年が経っており、いつまで運転されるのか興味があります。

奥羽本線110周年で記念に運行された臨時電車「奥羽本線全線開通記念号」

▲奥羽本線110周年で記念に運行された臨時電車「奥羽本線全線開通記念号」

喜多方でラーメンフェスタが実施された時の臨時電車「喜多方ラーメンフェスタ号」

▲喜多方でラーメンフェスタが実施された時の臨時電車「喜多方ラーメンフェスタ号」

年末年始を中心に運転「ふるさとゴロンと号」

▲年末年始を中心に運転「ふるさとゴロンと号」

会津若松へ向かう快速「あいづライナー」に運用されたことも

▲会津若松へ向かう快速「あいづライナー」に運用されたことも

荒川 将人
株式会社 小田急トラベル国内旅行部
「家族で楽しい鉄道旅♪♪」鉄道ファン以外のご家族連れの方にも楽しんで頂けるツアーを、今後も企画していきます。

※ページ内の画像はすべてイメージです。

Facebook

小田急トラベル公式
Facebookページ

旬な「おすすめ旅情報」を随時発信中!
ツイッター

小田急トラベル公式
ツイッター

みんな、フォローしてね。
お問い合わせは小田急旅の予約センター03-3379-6199
ページトップへ戻る

行き先を選ぶ

オンライン予約はこちら
予約記録確認や、お支払い手続き ご連絡先等の変更はこちらから!

メールマガジン

ソーシャルメディア

小田急旅の予約センター

箱根伊豆03-3379-6124 国内旅行03-3379-6199
海外旅行03-3379-2155

営業時間:10:00~18:00(土日祝も休まず営業/年末年始を除く)

表示形式

パソコンモバイル
ページトップへ戻る