【箱根】地区で探す『宮ノ下・小涌谷』

宮ノ下・小涌谷

標高約430メートル。箱根山の中腹に位置し、箱根七湯の一つとして賑わいましたが、幕末以降、多くの外国人の逗留し、エキゾチックな雰囲気の温泉場となりました。箱根小涌谷園ユネッサンなどの温泉テーマパークや、四季折々の花が楽しめる箱根小涌園蓬莱園など、多くの観光客が訪れるエリアです。宮ノ下は明治時代から外国人の保養地として栄え、それらの旅館が建築や設備、温泉の質と量、接客サービスなどで箱根の温泉文化をリードしました。その地名は、熊野神社のお宮の下に開けたことに由来しているそうです。熊野は「ゆうや」とも読み、「湯屋」すなわち温泉の神として古くから信仰されてきました。

 

9/30ご予約はこちら⇒

※10/1~4/12までのご予約は、8/23(金)11時より~発売いたします。
下記にプラン一覧が表示されるようになります。