バス旅

2020.08.27

【GoToトラベル事業 支援対象商品】【湯遊び紀行】担当者オススメ!下呂温泉 1泊2日 バスツアー ~麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館へ~

  • 温泉
  • ホテル/旅館
  • グルメ/食事
  • 観光
  • お土産

今年の「湯遊び紀行」は、話題の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公「明智光秀」誕生の地「岐阜県」を訪れ、ぎふ可児大河ドラマ館を見学。宿泊は、日本三名泉に選ばれた「下呂温泉」にある100帖空間の畳風呂が有名な5つ星の宿(観光経済新聞社認定)「小川屋」にお泊りいただけます。

100帖空間の畳風呂

小川屋といえば100帖の広々とした空間に広がる畳風呂!肌触りが柔らかで寝転ぶと気持ちがよくなって眠ってしまう人もいるようです。

ちなみに、大浴場の畳は裏に張った発砲スチロールからお湯が抜ける特注の「透水畳」を使っていて、湿気による違和感を感じることはありません。毎日、特殊機器・専用洗剤による徹底した清掃が行われていますので、安心してくつろげますね。

5つの大浴場で湯めぐりを満喫

館内には5つの大浴場がありさまざまなお風呂を楽しむことができます。

そのうちのひとつ「白妙の湯」では、気体を溶け込ませてミクロの泡を作り出す、下呂温泉では初の「美肌の湯×ホワイトイオンバス」を堪能。たくさんのマイナスイオンの気泡が毛穴の奥まで綺麗にしてくれます。浸かるだけで、お肌がツルツルになると評判のようです。

小田急トラベルの「湯遊び紀行」なら、お宿に16:30頃と早めに到着するため、お風呂や館内施設もゆっくりと楽しむことができます。

温泉スパ 汕(せん)

温泉スパ 汕(せん)の一部の浴槽には、炭酸ガスが溶けた人工炭酸泉を楽しむことができ、血行や皮膚代謝の促進により美肌効果も期待できるといわれています。

夕食のメイン料理をチョイス!

当ツアーでは、夕食の3つのメイン料理「【お造り】(1)刺身盛り合わせ、(2)海鮮カルパッチョ、(3)和牛握り寿司」「【焼物】(1)和牛朴葉焼、(2)豚朴葉焼、(3)海鮮焼」「【鍋物】(1)京風鍋、(2)和風白湯鍋、(3)みぞれ鍋」をそれぞれ3種類から選ぶことができます。また、感染症対策として席の間隔を十分にあけグループ毎にお食事をご用意いたします。※イステーブル席をご用意いたしますので、ラクな姿勢でお食事をお召し上がりいただけます。

夕食は会席料理でごゆっくり♪

追加代金で夕食を一品追加!

夕食は、追加代金お一人様2,200円(事前申し込み)で「飛騨牛の石焼き(約70g)」を一品追加できます。飛騨牛の旨みを存分に味わいたいという方はぜひお申込みください。

ぎふ可児 大河ドラマ館へ♪

今話題の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公「明智光秀」や周囲を取り巻く戦国武将たちについての紹介や展示を楽しむことができます。

大河ドラマをご覧の方は注目!

ドラマに登場する衣装や、ドラマ風景のジオラマを展示し、世界観が再現されています!

昼食もお楽しみ♪

1日目の昼食は萱葺屋根の古民家風の食事処にて、駒ヶ根名物「ソースかつ重」と「信州そば」をご賞味!

2日目の昼食は、可児・かまど本店で郷土食豊かな食材が揃った「田舎膳」を♪

途中、宿場町にも立ち寄ります!

1日目には、長野県の木曽郡にある「妻籠宿」を訪れます。ここは全国で初めて古い町並みを保存した宿場町で、国の重要伝統的建造物の保存地区にもなっています。

いかがでしたか!?

下呂温泉に泊まって岐阜県や長野県など東海エリアをめぐる1泊2日の旅。今年も担当者がこだわりをもって企画しました。

今回のツアーでは、新型コロナウイルス感染症対策として、バスは通常最大46名様までご乗車いただくところ、最大32名様定員で運行するなど、感染症の拡大防止に十分留意してまいります。

その他、新型コロナウイルス感染症対策についての詳細はこちらをご覧ください。

皆さまからのお申込みを心よりお待ちしております。

※ページ内の画像はすべてイメージです。

お申込みはこちら

『岐阜県 日本三名泉 下呂温泉 1泊2日 ~麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館~

■2020年11月4日(水)~12月18日(金)

■GoToトラベル事業 支援対象商品
※表示価格は給付金適用前の金額です。給付金適用後の旅行代金や精算に関するご案内は、「お申込み内容確認メール」自動送信後に、予約センターのオペレーターより改めてお送りします。

■旅行代金 30,800円~48,800円(お一人様)

■今回のツアーでは、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でおなじみの「明智光秀」誕生の地「岐阜県」を訪れます。宿泊先は、100帖の畳風呂が有名な5つ星の宿(観光経済新聞社認定)「小川屋」に宿泊。夕食はお好みに合わせてメイン料理をお選びいただけます。2日目には「ぎふ可児 大河ドラマ館」を見学し、主人公をはじめ戦国武将たちについての展示をお楽しみいただけます。

⇒ お申込み・コース詳細はこちら